育児を機に営業からバックオフィスへ。
社内にいながらお客様との繋がりを感じられる喜びがモチベーションとなっている。

山友 / 2010年中途入社
営業サポート (営業バックオフィス)

お客様からのお問合せに会社の顔として、きめ細かく、丁寧に対応することで、当社を好きになってもらいたい。

担当している主な業務はコールセンターと保証書発行センターの管理・運営です。コールセンターには当社が販売している太陽光発電システムに関し、月間約1,600件のお問合せを頂きます。また当社の製品をご購入いただいたお客様に月間約2,000件の保証書発行を行っています。当社ではこれらの業務を外部委託していますので、委託先企業を通して対応しています。
具体的には、コールセンターのオペレーターへ分かりやすく丁寧に説明するための指導をしたり、コールセンターでは対応しきれない専門性の高いお問合せへの回答をしたり、イレギュラーの保証書発行を行ったりしています。2歳の息子がいて、急なお休みをいただくこともありますが、チームのメンバーがカバーしてくれる体制が整っているのでとても助かっています。

人生のターニングポイントを迎え、新たなキャリアを歩み始めた。

育児休職を取得するまでは営業としてハウスメーカー様や代理店様に赴いて太陽光発電システムのご提案をしていました。子どもが産まれてからは、急なアポイントや夜間のお問合せに応えられないと感じ、復職するときに営業以外の部門を希望して異動しました。新卒で就職活動をしていた頃から「結婚や出産をしたらどうなるんだろう? 年を重ねても活躍できる仕事は何だろう?」と漠然とした不安を抱えていました。今は短時間勤務制度とフレックスタイム勤務制度を利用してワークライフバランスをとることで、こうした不安は解消されています。さらにいえば、仕事と育児の両立には、家庭内の協力が大切だと思います。保育園への通園は夫に任せるなど、夫との役割分担によって、安心して働くことができています。

独自のキャリアを築いたからこそできる、私らしい仕事で社内外の人々に貢献したい。

担当しているコールセンター業務はエンドユーザー様にとって会社の窓口であり、会社の顔となる仕事。お客様に「ソーラーフロンティアっていいな」と思ってもらえる方法を考えることが面白さです。2017年にはコールセンターに入るお客様の声を分析し、社内システムの改善や販売量拡大を目指すことに取り組みました。その結果、この取り組みが実現し、全社で行う業務改善提案において本社で最高の金賞を受賞することができました。

結婚・出産後に仕事を続けられるのか、不安に思う方は、説明会や選考で会う社員にざっくばらんに質問をして、先輩社員がどんな働き方をしているのか、具体的に質問し確認すると安心にもつながると思います。

育児と仕事との両立は自分の時間を作ることが難しいですが、週末は夫に子供の面倒を見てもらってショッピングに出かけたり、平日保育園のお迎えに行ってもらって友人と食事に行ったりすることで気分転換をしています。営業部門と間接部門を経験していることは、様々なところで役立てると感じています。これからも社内外の人々から感謝されるような仕事をしていきたいです。

ある1日のスケジュール

8:00 出社

夕方は保育園へのお迎えがあるので、朝はフレックスを使って早めに出勤しています。出社後、メールチェックとその日のスケジュールの確認、業界のニュースやリリースなどを確認します。

9:00 コールセンターエスカレーション業務、保証書発行のイレギュラー対応

コールセンターで対応できなかった内容について、社内の各部と連携して対応します。緊急度を考慮して優先順位をつけながら取り組みます。

12:00 昼食

同僚と他部署との情報交換もかねて食事をします。

13:30 課内会議


15:00 他部署への情報展開

依頼されていた資料、社内からの問い合わせに対応します。

16:00 退社

保育園へ子どものお迎えをして、帰宅後は夕食の準備をします。

SOLAR FRONTIER RECRUITMENT SITE