広大な土地に敷き詰められたメガソーラー。
周囲の協力を得ながら、
再生可能エネルギーを普及させていく。

栗﨑 / 2010年中途入社
営業 (産業向け販売)

再生可能エネルギーという、将来性の高いビジネスフィールドへの挑戦。

入社以前は、人材サービス会社で新卒学生向けの就職支援事業に携わっていました。日々、大学生と向きあっている中で、ふと自分自身のキャリアについて再考した際に「視野を広く持ちたい」という思いがわき上がり、転職活動をスタートさせました。当社を選んだ理由は、昭和シェル石油というエネルギーインフラに携わる企業をバックボーンとして、将来性が高くチャレンジングな再生可能エネルギーのビジネスフィールドに興味を持ったからです。
入社以来手がけているのは、遊休地を持っている事業者様や産業用の太陽光発電システムを扱っている販売店様に対して、当社パネルを使用したメガソーラー事業を提案する仕事です。メガソーラーとは、「1MW(メガワット)以上の太陽光発電所」のことをいいます。1MWのメガソーラーでは、2ヘクタールの敷地にソーラーパネルを6000枚設置し、一般家庭約330世帯の年間消費電力をまかなうことができます。

周囲を巻き込みながら、最適な提案を行い、メガソーラーの完成を見届ける。

この仕事で最も重要な要素は、「周囲を巻き込む力」です。お客様から技術的な質問をされた時に、生半可な知識で返答することはできません。お客様が求めていることを正しく把握し、専門知識を有する社内技術者と協力して、的確な説明をすることで、お客様との信頼関係を築いていきます。さらに、お客様への提案時には、メガソーラーを設置する施工会社様とも協働し、コストやスケジュールを算出した上で、お客様の土地に合わせて、どのくらいの発電量が見込めるかを綿密にシミュレーションして提案に臨みます。
お客様が提案を了承してくださってからも、行政や電力会社への申請など事務手続きに時間を要します。提案からメガソーラーの完成までは、およそ1〜2年という長い年月がかかりますが、その反面、自分の提案が形になり、メガソーラーが敷き詰められた光景を見ると大きな達成感を得られますね。

ライフイベントも手厚くバックアップされ、男女問わずに活躍できる環境。

私が所属しているグループは5名おり、全員が中途入社です。社風は一言で表すと「自由」。私の上司は38歳の男性ですが、どんなことでもフランクに話すことができます。ときには冗談交じりで私がツッコミを入れることもあるぐらい、距離が近いですね(笑)。ちなみに、スケジュールは個人で管理しているので、きちんと仕事が終われば定時で退社することも可能です。
男女問わずに活躍できる環境だと実感しています。ここ数年は結婚・出産する方が増えていて、産休・育休を経て復帰する方もとても多いですね。短時間勤務をされている方もいて、女性ならではのライフイベントに対するバックアップが手厚い会社だと思います。

ある1日のスケジュール

9:00 出社~メールチェック、発注など社内業務

1日の動きなどスケジュールを確認。

11:00 顧客訪問・商談

既存のお客様へ訪問。商品の提案の前のヒアリング。
お話をじっくり伺い、様々なニーズを引き出します。

12:00 帰社・ランチ

社内食堂で同僚とランチ。
窓からレインボーブリッジなど東京湾の景色が良く見えます。

13:00 顧客訪問・商談

既存のお客様の深耕営業。
新たなお客様をご紹介いただき、自社の強みや商品力をアピール。

15:00 帰社、資料作成

帰社後、今日の営業活動の報告、見積など資料作成。
問合せメールへの返答など

17:30 退社

帰りに近くのショッピングモールで買い物に行くことも。
部署内でも早く退社する方が多いです。

SOLAR FRONTIER RECRUITMENT SITE